奈良ロイヤルホテル
  Special Presents
   MOVE MIX I


2004年09月24日18:00〜 ・
     25日12:00〜 18:00〜 
 奈良ロイヤルホテル 鳳凰の間




 爽秋の9月24,25日、奈良ロイヤルホテルで
ディナーショー【Move Mix T】が開催
されました。
高まる期待、華やかな会場、奈良ロイヤルの温かい
もてなしと心地よい雰囲気の中、今か今かと開演が
待たれました。

 まぶしいライトと共に客席から次々と出演者
(有希さん、高帆さん、友麻さん、涼風さん、
沙月さん、美森さん、大咲さん、雪乃さん)が
懐かしい歌を歌いながら登場。
舞台上の洋さんと一同ラインアップ。
そしてカンツォーネメドレー。 ♪パオラ、
♪この胸のときめきを、♪ルナ・ロッサ、
最後は洋さんが青色の大きなフリルに
スパンコールの上着、白のパンツの衣装で
 ♪アルディラ を歌い上げ全員そろっての
ごあいさつとトーク。
同窓会のようなノリで、この夏の思い出を
語ってくれましたが・・・しっかり‘おち’が
ついていました。
ガラリと舞台の雰囲気が変わり、黒燕尾衣装の
男役だけの群舞。
ベテラン男役のシャープで緊張感に満ちた
ダンスと、ボレロのリズムを刻む踵の音に
心地よくしびれました。
カッコいい男役の後は娘役4人。
深いスリットの入ったタイトなドレスでの踊りは
美しさセクシーさを競うまさに競演、相変わらず
の小気味良さにため息が出ました。
ジェームスボンドの音楽が・・・と思いきや、
花束を持った純情そうな友麻青年が楽しく
踊っている有希、大咲ペアに盛んにアタックという
コミカルなストーリーのダンスに会場が和みました。
そして明るい舞台から照明が落ち、ほの暗い灯り
の下、洋さんと沙月さんの息詰まる様なタンゴ。
からむ視線、挑む視線、切れのいい振り、チロチロ
と青白い炎が真っ赤に燃え上がるかのようでした。
途中より2組のペアが加わりまさに大人のタンゴ、
醸し出される雰囲気と存在感にしばし圧倒され
ました。
タンゴの熱気が冷めやらぬ中、洋さんは暗転の舞台
上で黒にストライプの上着から膝丈のコートに衣装
を替えられ「アデュー洋あおい」で歌われた最後の
歌を客席を回りながら、しっとり歌われました。
肩からサイドときれいなシルエットの深いブルーの
コートをすてきに着こなされ、とてもお似合い
でした。
そしていよいよ最後。有希さんの  ♪アイカランバ
の歌に合わせて全員の陽気なサンバが始まり
途中より真っ赤なスパンコールのラテンの衣装に
前髪をサラサラに乱した洋さんが歌い継ぎ賑やかに
華やかに幕が下りました。

 OSK卒業以来 本格的な男役の舞台は関西では
久しぶり、又なつかしいメンバーとの共演に大いに
盛り上がりました。
中でもタンゴのシーンは
HP「Blue∞Ocean」 で
【現役の時よりも味のある男役にチャレンジして
いきたいと思います。】
と決意を語られていました。
まさにメッセージ通りの舞台。
くぎづけ状態から開放された時“凄いっ!”。
“おとな!“と大きな衝撃を受けました。
セリフ以上に多くを語る、強く力のある目線の
せいか、
「手をひとつ振るだけでもニュアンスが・・・」
と語られるように動作、振りをとことん研ぎ澄ま
していかれたのか。
「スイングストリート」のトニーとも「ノーチェ・
デ・タンゴ」のタンゴの男とも違う新たな男役の
境地を開かれたと感じました。
「Move Mix T」が今後もパートU、V
と続くことを希望するとともに、この「衝撃の
タンゴ」を3回の舞台だけで封印することなく
是非またこの「衝撃のタンゴ」の男にお会い
したいと心より願っております。





- Photos -

華やかなオープニング1


華やかなオープニング2


楽しいトーク


大人のボレロに・・・
衝撃のタンゴ・・・


しっとり歌い上げられたり


元気にラテン!


ひとときの夢もラストへ


―― 素敵な夢をありがとうございました ――










back (感想文)

back (2004 公演)