奈良ロイヤルホテル
Special Presents
MOVE MIX II


2005年8月27日(土)〜28日(日)
 全3公演
奈良ロイヤルホテル 鳳凰の間




 「レビューの楽しさ、魅力が
全〜部出ていた舞台でしたね」
「ホントに良かったです。
衣装も照明もきれいでしたし、
流れるような展開で見終わって
充実感があります」
「洋さんや、共演者のあったかい
人柄が感じられる公演でしたね」
「今とても、幸せな気持ち!」
「洋さんの女役、魅力的でした!」
アンコールの
♪未来へ♪
の手拍子と拍手の後、
ニコニコ顔で同席の皆さんが
話してくれました。
昨年の感動を越える楽しいショーに
大満足でした。

 打ち上げ花火の音に浴衣を着た
出演者が、うちわ片手に客席から
登場、花火見物のようです。
舞台上には肩から胸に大きな白い
花が咲く、黒色の浴衣を粋に
着こなした洋さんが
「♪歌い舞い踊れ〜♪」と
ショーの開幕を歌います。
これから始まる華やかな舞台に、
期待ふくらむオープニングです。
2曲目の歌では、通り抜ける風の
ような夏の夜の淡い恋が、演じ
られます。
浴衣のかた袖を脱ぎ、鮮やかな赤を
見せて、美森さんと深川マンボ。
軽快な音楽と歯切れの良いふりに、
次第に気持ちが乗せられていきます。
大咲×涼風 晴日×夏ッ城 高帆×
雪乃さんのカップルに一人ぼっちの
友麻さんが絡み、愉快に踊り演じ
られます。

大咲さんが歌う「ハバネラ」で
金色の着物に黒と銀の打掛けの
洋さん、色違いの内掛け(赤と銀)
の美森さんが踊ります。
フラメンコに豪華な着物の日舞と
いうミスマッチが、風のような
淡い恋ではなく、カルメンのような
情念を感じさせる印象的な場面
でした。

ここで洋さんから一人ずつ出演者
の紹介があり、メンバーの今まで
の舞台から今後のお仕事まで、
まるでキャッチボールのように
軽快に話題が飛び交い、楽しい
トークタイムでした。

スパンコールの輝く真っ白なスーツ
の洋さんは、なつかしいあの曲、
♪帰らざる夏♪
♪光と影のソレア♪
を歌い、そして愛についての
貴重な?トーク。
3曲目は客席に降りてパワフルに
♪ワンモアチャンス♪
をプレゼント
して下さいました。
再び、舞台上で、
♪ブラジル♪
を歌い、
白い衣装のメンバーに踊り繋いでいき、
底抜けに陽気で明るいカーニバルの
空気を会場に運んでくれました。

場面が変わり、黒燕尾の洋さんの
ドラマティックなタンゴ。
ソロ、そして4人の娘役を相手にと、
次々にダンスの構成が変わり全く
目が離せない。
男役4人のパワフルなダンスの後、
照明に鈍く光る総スパンの黒の
ロングドレスの洋さん登場。
男役に囲まれて、又ソロで。
スリムなシルエットにオーガンジーに
包まれた長い腕と、深いスリットから
見える網タイツの足と、とても
しなやかでセクシーな魅力的な女を
演じ踊られていました。

客席からブルーの衣装、軽やかな
ヘアースタイルに変えた洋さん登場。
♪ひとつの夢を追いかけて
 あなたと旅に出よう〜♪と、
じっくり思いを込めたバラードを
聞かせました。

いよいよ、フィナーレ、明るくなっ
た舞台で、赤いラテンの衣装の
大咲さんがルンバの始まりを
歌い出し、メンバーが明るく賑やかに
踊り、途中から白に金色の縁取りの
ある衣装の洋さんが加わり総踊り、
会場のボルテージが益々上がる中、
幕が下りました。

アンコールの拍手に洋さんは
「ダイアリー」のテーマ曲、
♪未来へ♪
を初披露の2番も合わせ、
伸びのある声でパワフルに歌って、
テイジンホールの初リサイタルの
熱気を再現されました。

洋さんがOSKを卒業されて、
ほとんど初めてとも言える日舞に、
いなせな着物姿に感激しました。
粋な着こなしはさすがです。
又、深川マンボの小気味の良い
テンポと振りは、とても楽しく、
機会がありましたら、再び披露
していただきたい思いです。
男役4人の間から登場したロング
ドレスの洋さんは衝撃的でした。
髪型、メイクは直前の黒燕尾で
踊った時とはほとんど同じ、
それなのにドキッとするほど
女らしい。表情、目線が絶妙で
とてもセクシーだけど、過度に
ならず、知性、大人の女も感じ
させるが、程よいあんばいで
「しなやか」という言葉が
ぴったりでした。
みごとに演じていらっしゃい
ましたがこれは男役の時に感じ
させる「甘さ」と共通点がある
のか?益々舞台から目が離せなく
なりそうです。

次回のMOVE MIX Vの
ディナーショウーが待たれます。









back (感想文)

back (2005 公演)