シャイニング The Revue! 2006

2006年7月1日(土)
橿原ロイヤルホール 大和の間



 京都の老舗旅館の若女将役から
丁度1週間後、今度は打って
変わって、カッコイイ!
 男役の洋さんに出会えました!
ところは、主演した
(厩戸皇子役、後の聖徳太子)
2002年OSK80周年特別公演
「Asukaの嵐」の舞台に程近い
飛鳥、橿原神宮や大和三山、甘樫丘
が見渡せます。
共演者に
沙月さん、涼風さん、
奈ツ城さん、友麻さん、
美森さん、毬沙さんを
迎え1時間を越える
レビューに盛り上がり
ました。





 オープニングは
洋さんの歌う
♪ザッツエンターティメント♪。
ワクワクする音楽に、観客の
気持をグッと盛り上げる
洋さんの明るさと、
メンバーのスマイルが、
一気にレビューの世界に
気持を運んでくれました。

 レビューと言えばやはり
“パリ!”
とMCに続いて、全員による
パリメドレー。
洋さんは 
♪パリ野郎♪ 
♪愛の旅立ち♪ 
を聞かせてくれました。







続いてのMCは洋さんと
奈ツ城さん、友麻さんの
“男役とは?”

興味津々
のテーマを歌の
流れのまま、テンポ
の良く、面白く
♪アイガットリズム♪ 
にいつの間
にか入っていきました。
沙月さんのソロで
♪命のなまえ♪ 




そして、
がらりと舞台の照明が変わり、
ブラックスーツに真っ赤な
フリルのシャツも鮮やかに
 ♪グラナダ♪ が
ドラマティックに歌われ
ました。
洋さんの会場に響く
はりのある声は心地よく、
醸し出す雰囲気は
レビューの醍醐味そのままに、
ゾクゾクさせ、鳥肌が立ち
ました。
序章からメロディアスな部分
へは黒と赤のフラメンコ衣装
のメンバーによりダンスが
華やかに踊られます。


友麻さんのソロで
♪The Lady is a Tramp♪ 
の後、洋さんは、1週間前の抜き
襟にアップの姿から、大変身の
粋な着流しで、民謡メドレー。
北から南へと次々に歌い繋いで
いきますが、民謡を歌う洋さんを
初めて拝見しました。
最南端、沖縄の民謡では美森さんと
哀しいストーリーを感じさせる踊りを
見せてくれました。





 音量がアップして
テンポの良いロック。
男役だけのダンス、
娘役だけで金色の
深いスリットドレス
でセクシーなダンス。




そして圧巻は緊張感
に満ちたタンゴ。
ドラマティックな
音楽に、沙月さん
との切れのある振り
と、暗い目の色
に物語を感じさせます。
ほの暗い明かりの元で
踊る二人にどんな出会い
と別れが、そして再会
があったのかと・・・

 洋さんは会場を巡っ
て、しっとりと
♪ラヴ・マジック♪ 
を聞かせます。



 陽気な前奏の始まり、
真っ赤なスパンコール
に輝くラテンの衣装で
♪アイカランバ♪ 
を陽気に歌い
踊りました。


いよいよ最後、
タイトルロールの
♪シャイニングレビュー♪
が名残おしく、
響きます。






 アンコールの拍手に真っ白な衣装で
洋さんのオリジナル曲、
♪未来へ♪  が力強く歌われました。

 ディナーショー独特の和やかな
雰囲気に、オープニングの
♪ザッツエンターティメント♪
の歌は、会場が1段と、すてきに
盛り上がりました。
洋さんの明るさと、舞台の楽しさが
伝わってきて、思わずニコニコして
しまいます。観客の気持ちを掴み、
乗せていくキャラクターは、洋さん
独自なものだと思いました。

 出演者それぞれの見せ場もあり、
盛り沢山なショーで大満足でしたが、
スピーディな展開で、トーク場面も
流れを止めることなく、1時間余り
のショーが短く感じました。
今までのカッコイイ場面に、洋さん
の新しい1面も加えて、これから
の舞台に益々期待しております!!















back (感想文)

back (2006 公演)