『刑事ボロンボRETURNS
殺しのカルテ』
2006年 9月16日(土)   16:15〜 /18:45〜 
  17日(日)   13:45〜 /16:15〜 
  18日(月 祝)  13:45〜 /16:15〜 






洋さん演じる笑いと涙のチャップリン
(チャップリン狂時代 恋はサイレント)
から2年ぶりのゑびす座出演です。
同じく北林佐和子作、演出の
シリーズ2作目「刑事ボロンボ殺し
のカルテ」では、本格的な男役で
極楽歌劇団の男優と競演と、
期待が高まりました。

今回はハンサムで有能な医師ハリー
アンダーソン役。
しかも事件の当事者。
刑事ボロンボとのジリジリとした対決が
見ものです。

ヨレヨレのコートのボロンボ(久保充)、
ハリーの同僚エド(WOODY WOOD)、
ハリーを慕う看護士シャロン(池田あけみ)
、ハリーの婚約者エミリー(毬紗みのり)。
個性的な5人がぶつかり、融合しながら
緊迫したシリアスな場面から饒舌なシーン、
ジャズ風なリズムでやりとりする軽快な
場面と、緩急自在な、まさにゑびす座
ならではのエンターテイメントが展開
されました。

洋さんは久しぶりの悪役?ですが、
OSK時代、洋さんの悪役はとても
魅力的でした。
スペインの闘牛士を題材にした
「エル・アモール」では専制的な
グラナードス伯爵。
妻をさらった恋敵公爵からの手紙を
読み「ファニータ!」と去って
行った妻の名を絶叫する終幕の
シーンは、彼の怒り、戸惑い、
嘆きと、悪の哀しさが圧倒的な
迫力で伝わってくる忘れられない
場面でした。

今回のハリーアンダーソンは、
尊敬され慕われる、カッコイイ
有能な外科医。
しかし事件の当事者。
芝居が進むにつれ、ハリーの
心の闇が明らかになり、暗い
エミリーの影が、トートのように、
ハリーの心の悪と善を表すかの
ようにつきまといます。
じっくりと演じきる洋さん。
最後のハリーの台詞になぜか
心がホッと和らぎました。

カーテンコールは、このままで
帰すわけにはいかない!という
メンバーの意気込みが、極楽
歌劇団の勢いが伝わってきて、
弾ける楽しさでした。

『 刑事ボロンボRETURNS 』 は
引き続き 10月14日(土)・15日(日)と
少しリニューアルして上演されます。
皆様のご来場、お待ちしています!











back (感想文)

back (2006 公演)