聖夜の夜に贈る
スペシャルステージ
Dreamin
‘Xmas★2007
2007.12.24 ライブ19:30〜
太閤園 別館ガーデンホール


クリスマスムード最高潮の24日
“藤田男爵”で有名な太閤園別館
ガーデンホールで「Dreamin
‘Xmas★2007」
ディナーショーがありました。
洋あおいさん、元OSK娘役の
大咲せり花さん、そして
ピアニスト佐野多由子さんの
初トリオ、リクエスト曲で綴る
ステージという新しい試みに、
洋さんの新たな魅力に
期待が高まったステージでした。






 OPENING

真っ赤なドレスの大咲さんと
ワインレッドの衣装の洋さん
が後扉から登場 

 ♪サンタが街にやってくる♪
  ♪きよしこの夜♪ 
 ♪ホワイトクリスマス♪ 
  ♪ジングル・ベル♪ 
とおなじみのクリスマスソング。

ホールは一瞬のうちに華やかな
クリスマスパーティーに。





Christmas Songs 
〔Made IN JAPAN〕

ウェルカムトークに続いて
日本のクリスマスソングが
歌われました。

洋さんの
♪君と僕のホワイトクリスマス♪
大咲さんの
♪サイレント・イブ♪
三人のハーモニーだけで聞かす
♪クリスマス・イブ♪
ピアノソロで
♪戦場のメリークリスマス♪


聖夜にふさわしく、じっくり
聞かせてくれました。





Medley of “MUSICAL”
〔West End Shows〕

会場の雰囲気が変わり舞台奥
からファントムの歌声が・・・
黒燕尾にマントの洋さん。
後扉から
クリスティーヌの大咲さん。
“オペラ座の怪人”から
♪The PHATOM of OPERA♪
♪Think of Me♪
リクエストも多かったのでは
と思わせる、とても魅力的な
場面でした。
低くドラマティックな声で
ファントムを、又甘くソフトな
声で恋人ラウルを歌い分ける
洋さん。
淡いブルーのドレスに同色の
チョーカーの大咲さんは美しく
清楚でそれに澄んだ声は
クリスティーヌにぴったりでした。







続いてグリザベラのように
羽のストールを肩に
“Cats”から
♪メモリー♪


“ME AND MY GIRL”は
♪街灯に寄りかかって♪
♪ミー・アンド・マイ・ガール♪
をミュージカルの場面のように、
可愛らしく“ビルとサリー”を
演じてくれました。


love Letters
−SERIKA Osaki−

大咲さんのコーナーは、四拍子
から三拍子にリズムを変えて
♪ラヴィン・ユー♪ 。
高低差のある音を軽快に歌い
こなされてさすが“歌姫”です。
 そして舞台から客席に降りて
カンツォーネを2曲 
♪コメ・プリマ〜ヴォラーレ♪
は地中海を思わせる明るさでした。
又しっとりと
♪ひだまり♪
を披露してくれました。



On My Mind
−AOI Hiro

真っ白な衣装で登場の洋さん、
昨秋の汀さんとのジョイント公演
「時空」から 
♪時空を超えて♪ 
そして東京、大阪での初リサイタル
「ダイアリー」からテーマ曲
♪未来へ♪ 
この間プログラムにない2曲の
サプライズプレゼントがありました。
昨年11月の汀さんのディナーショー
に行かれた時、汀さんから「時空の時、
私の歌、歌ってくれてやろ、
あれ歌ってよー」とリクエストが
あり、
♪星が近くに見える♪ 
を歌ってくれました。
公演時のお話と汀さんの“物まね”
付きでした。
かなりよく似ていて、「時空」
公演を思い出します。









そしてアカペラで、賛美歌 
♪アメイジング・グレイス♪
透明感あふれる歌声が会場に
響きます。


最後に洋さんから 
スピーディ・ワンダーの 
♪I Just Called to say I LOVE YOU♪
(心の愛) 
“何か特別な日でも特別なこと
があった訳じゃない。
ただ君にこう言いたくて
電話したんだ
「I LOVE YOU」・・・と
”歌の説明と電話をかける仕草が
なんとも温かく、この聖夜の
とびっきりのプレゼントでした。


最後は洋さんと同じく、真っ白
なドレスに変えた大咲さんと
この日だけの特別バージョンで
♪The Roes♪
 ”死ぬことを恐れていて生きる
 ことはできない・・・”
ベットミドラーの名曲を心にしみる
ハーモニーで聴かせてくれました。
お別れは洋さんらしく陽気に明るく、
♪Revolution Time♪


一時間半を越える充実したディナー
ショーでした。
佐野さんの演奏とアレンジは
すばらしく,、初顔合わせトリオも
バランスよく、200曲を超えた
リクエストからの選曲も新鮮で、
“洋ファントム”もステキでした。
今までとはまた違う洋さんの歌の
魅力と出会えました。
客席の一人一人との触れ合いや
「時空」で共演した元宝塚の
未央一さん、
同じく元宝塚の宝城さゆりさん、
OSKOGの紹介も温かく盛り上がり、
閉演後ロビーでのお見送りもあり
イブらしくハートウォーミングな
ディナーショーでした。







back (感想文)

back (2007 公演)