HIRO'S  FANTASY   X 'MAS

 2009年12月13日(日) 19:30〜 21:30〜
  JAZZ・ON TOP

 Piano:山崎幸次   Guiter:藤野恒二
 Bass:喜多健博   Drums:臼井和明
 Chorus:三木香織  Guest 沙月梨乃







クリスマスイルミネーション輝く西梅田の
“JAZZ・ON TOP”で
2009年1月の“フラミンゴ”以来 
2回目のライブが開催されました。
発売間もなくSOLD OUTになり期待された
“ファンタジックでお洒落な一夜限りの
ホーリーナイト”でした。

拍手と手拍子の中登場した洋さんの衣装は、
バイオレットのシャツに同色のベルベット
ジャケット、ウエストにはラインストーン
のベルト、細身のパンツにロングブーツ、
とまさに“FANTASY”! 
スリムなフェアリーのようであり、同時に
いつもとちょっと違うニュアンスのヘアー
スタイルか、それともバイオレットの
シャツに映える輝く
 3連のネックレスのせいか、
ゴージャスで品の良い大人の女性らしさ
も伺わせてとっても魅力的でした。
 そして髪には輝く粉雪が・・・

♪タッチマイハート  
♪サンタが街にやってきた   
♪君と僕のホワイトクリスマス





クリスマスらしく
 3曲、そしてトーク。
客席からの声援に洋さんの当意即妙な対応、
笑いとともに会場は和やかに盛り上がり
ました。
今日は『愛』をテーマに歌っていきたいと
♪I Just Called To Say
 I Love You(心の愛)を表情豊かに
歌ってくださいました。

今日のGuest 沙月梨乃さんと 
♪闇の貴公子 鬼の正体をさらした
茨姫と命をかけた博雅との究極の
愛の場面 『鬼の道行』をセリフ
入りで再現。
沙月さんの 
♪カッチーニのアベマリア
は“Ave Maria”とリピートする
歌詞がきれいなメロディと相まって、
悩ましく迫ってくる熱唱でした。

バンド演奏はジョンレノンの
♪Happy Xmas  
会場を分けてコーラス部分
♪War is over〜 
if you want it〜 と練習した後、
バンドリーダー山崎さんんの力強い
歌と声を合わせた楽しいひと時
でした。

二部は真っ白な衣装に替えた
洋さんの
♪ホワイトクリスマス
沙月さんのデザインという
サテンとオーガンジーの燕尾風の
衣装はまさに 
“クリスマスのフェアリー”。
歌にも洋さんにもよく
お似合いでした。

サプライズゲストはなんと
未央一さん。
 わざとらしく楽譜を持って
登場する所から笑わせます。
 未央さんから洋さんの笑顔を
讃えて歌われた 
♪スマイル   はなんとも
温かく、この曲の持っている
優しさ、未央さんの歌の力を
感じました。
 2010年6月頃に二人の共演が
実現するという、うれしい
サプライズニュースも披露され、
二人のやり取りを見ている
だけでも楽しさ大いに期待
できます。

♪雪の華  
洋さんんの好きな歌でと
紹介してくださいました。。
“♪誰かのために何かをしたい
と思えるのが愛ということを
知った〜”伸びやかな声に
ピュアな愛の言葉が素直に
伝わってきます。
最後は 
♪The Rose  
どんなに暗い中でも光を
見出す強さ、そして励ましを
感じさせ、じっくり聴かせました。
アンコールは 
♪Revolution Time  
沙月さん、三木香織さんと賑やかに、
エンディングは陽気に洋さんらしく、
名残惜しくも幕が下がりました。





“歌うこと⇒うったえること”
とも言われますが、  
♪雪の華  や 
♪ローズ  ではじっくりと
伝わってくるものがあり思わず
涙してしまいました。
 ガチガチになった心が溶けて
いくような思いでした。

2度目になる山崎バンドとの
共演も、一段とリラックスした
感じでメンバー紹介や何気ない
やり取りが楽しげで客席にも
広がっていきます。
目の前で聴く洋さんの歌の
迫力、振りのカッコよさ、
ステキな衣装の着こなし、
表情豊かな目力とライブの
醍醐味を充分満喫いたしました。
 何より洋さんのお人柄が
ライブ会場を温かく包んで
おりました。

是非 これからも“ライブ”
恒例にしてほしい思いです。










back (感想文)

back (2009 公演)