2010年 浪花人情紙風船団
 ペーパーバルーン公演
  SHOOT4  

  銀色の靴の踵を鳴らして・・・

     ワッハホール  
  2010年6月 3日(木)〜6日(日) 全7回






新しい作者に“白乃十万氏”を迎えて
4作目のペーパーバルーン公演は、
とてもハートウォーミングな舞台でした。
洋さんは出生の秘密を持ち、荒んだ
生活から修道女ハナ(紅 萬子さん)に
助けられ、この教会で暮らす 
“はるか”。 
 個性的な教会の住人たちと 
「西遊記」と「オズの魔法使い」の
ミュージカルが上演され、洋さんは
三蔵法師とドロシーの役を演じわけ
られました。

緑の森に佇む古ぼけた教会、
通称 “迷いの森の教会” 
では朝の礼拝が行われている。
一見何の問題もなく見える彼ら、
実は世間からつまはじきにされ、
居場所をなくし、心に傷を負った
人たち。
 ようやく辿り着いた 
“迷いの森の教会” 
では人の良い 
ランボオ神父(多賀勝一さん)、
気さくな修道女 ハナのもと、
楽しく共同生活をしている。
 その中にミュージカル劇団の
トップだった 
はるか(洋 あおいさん)もいる。

はるかは感謝祭で上演する恒例の
「オズの魔法使い」の指揮を
任されているが、もう一つ
気乗りしない様子。 
 いつも明るくエキセントリックな
キャッシー(未央 一さん)は
熱心に「西遊記」の上演を主張する。
 ハナの承諾もあり、なぜか
時空を迷って教会に辿りついた 
水戸光圀公 (楠 年明さん) 
助さん(新島 愛一郎さん) 
格さん(青野 敏行さん)も
巻き込んで2つのミュージカル
の練習が始まった。

「西遊記」のリハーサルの後、
ハナの身に重大な事が起きる。
思わぬ事態に激しく動揺する
“迷いの森”の住人たち。
 やがて「三蔵法師」を演じた
はるかにもひとつの転機が・・・

ハナと“迷いの森の教会”の
住人との別れの場面には泣か
されました。
皆の退院歓迎に応える車椅子
のハナは、すっかり弱って
小さくなってしまっている。
念願の教会に帰り、優しさに
満ちた笑顔でひとり一人に
励ましの言葉をかけるハナ・・・
しかしハナは・・・。
紅さんの迫真の演技に、見送る
住人たちの悲しみに、
ゴスペル調の  ♪友(ハナ)  を
送る歌♪が重なり、しばし
涙が止まりませんでした。

水戸黄門主従の登場は唐突だが、
黄門様こそTVドラマのように、
迷子になった心と心を結ぶ
究極のカウンセラー。
長い間心の奥に秘めていた
ハナの真実を解きほぐし、
はるかの思いにそっと
重ねた・・・。
突然迷いの森の教会に現れ、
慌ただしく帰る黄門様は
TVドラマ以上にご老公らしく、
まさに本物でした。

ジャージやシーンズ姿の
ボーイッシュで
勝気な“はるか”は新鮮でした!
朝の体操の颯爽とした
リーダーぶりに等身大の
洋さんを感じました。 
しかし感謝祭のイベントに
「西遊記」を押すキャッシーの
はしゃぎように比べなぜか
素っ気ないはるか。  
心がさ迷っているような
寂しさが見え隠れする
“はるか”に目が離せません
でした。

「西遊記」で 
♪はるかな旅立ち♪  を歌う
三蔵法師役の洋さん。
 白の衣装に金色の袈裟に
被り物、凛々しく、美しく、
はるか遠くを見つめる視線に
困難に立ち向かう強い意志が
伝わってきます。
カラフルな衣装の悟空たちと、
行く手を阻む敵との立ち回りが
痛快でした。 
三蔵法師も錫杖を鳴らして
牛魔王の息子
赤劾児(安希つかささん)と
の立ち回りはさすが決まって
いました。

ハナが亡くなって間もなく
の感謝祭、ハナが大好きだった
「オズの魔法使い」が上演
されます。
ブルーのドレスに白いサッシュ
長い金髪を耳元で二つに結び、
 ♪あなたがいつも♪ 
を歌う洋さん。
紛れもなく、“ドロシー”
 でした!
歌い方、目線、振り、レース
の手袋の指の先まで少女らしく、
素直で、好ましく、その
可愛らしさには驚きました。
 オズ 3人組(案山子、
ライオン、ブリキのきこり)と
住人たち、パンプキンカラーの
衣装のダンサーが踊る
「オズの魔法使い」の
華やかな大団円でした。

健気な“はるか”に、胸が
熱くなるエンディングでした。
感謝祭も終わり、誰もいない
礼拝堂に修道服にベール姿の
はるかが現れる。 
長いスカートを両手でつまみ、
銀の靴の踵を軽やかに 
3回打つ。
 その時天井には虹が、そして
ハナの姿が・・・
ようやく“我家”に辿り着いた
はるか。  
母に伝える“はるか”の決心に
「はるかちゃん」と呼びかける
ハナの声が聞こえてくるよう
でした。

今回も色々な劇団からの
キャスト陣、様々な事情を
抱えた“迷いの森の教会”の
個性的な住人にぴったりでした。
リピート山中さんの散りばめ
られた多彩な曲、大谷盛雄さんの
ダンスも魅力的で、DVDが待たれます!









back (感想文)

back (2010 公演)