THE WESTIN
 WINTER  SPECIAL 
  NIGHTS  2011
      汀 夏子 

 ゲスト/未央 一 & 洋 あおい


2011年12月24日(土) 17:30〜
  ローズルーム






11月15日 (土) 東京會舘の
ゴールデンディナーショー、
そして大阪はウェスティンホテルで
 “WINTER SPECIAL NIGHTS”
と.洋さんは、2008年以来2度目
の汀さんのディナーショーご出演
でした。   
クリスマスイブで賑わう大阪駅から
ほどなくウェスティンホテルの
ローズルームへ。
輝くシャンデリアのもと、
会場いっぱいのお客様に、
さざめく声に、
じわじわと期待感が
ふくらんできました。

♪ じらさないで
  (汀さん)
♪ 時は過ぎてゆく
  (汀さん) 
音楽とともに登場した汀さんに思わず
歓声が、ベアトップのドレスにロング
手袋、
フワッーと広がったスカート、
ショートヘアのトップから首、
肩のラインがとてもきれいで、
美しく着こなされ、まさにフェアリー。
MCをはさんでじっくり聞かせる
シャンソンを2曲。

♪ マイラグジュアリーナイト
  (未央さん)
♪ One Night 
  (未央さん)
ゲストの一人 未央さんが呼ばれ、
しばしおしゃべり。
“ウルさん” の名前の由来から
お得意のものまね、鳳蘭さん、
榛名さん、安奈さん、麻美さん、
はたまたTVや映画で活躍する人まで、
もちろん汀さんのまねも、
大うけでした。
♪ One Night  では
会場降りもあり和みました。

♪ Let Me Try Again
  (汀さん)
♪ Stand by Me
  (汀さん)
♪ Fever ダンス
  (汀さん)
会場後ろ扉から、衣装を変えた
汀さんの
♪ Let Me Try Again 
昨年洋さんがリッツカールトンホテル
のディナーショーのアンコールで
歌われたことを思い出しつつ
聞き入りました。
心に期した静かな情熱が伝わって
くるようです。
この曲は英語でこそと 
♪ Stand by Me を、
そしてソロダンス、ダンスは特に
大好きと、ジャズの名曲でなんとも
カッコよく決めてくれました。

♪ 愛の旅立ち
  (洋さん)
♪ 未来へ
  〜Making ofMy Life

  (洋さん)
♪ ダンス
  (洋さん)
いよいよ洋さん登場。
紫色の上衣に白のパンツの衣装で、
愛する人へ贈る熱い思い、
とても幸せな気持ちになりました。
洋さんのオリジナル曲、
 ♪ 未来へ  
では客席に降り
広い会場をまわられ、
握手で交流されました。
舞台そでに入って数十秒で赤の
上衣に黒のパンツに超早替わり、
なんと聴こえてきた音楽は、
OSK時代 「帰らざる夏」 
で踊られたボンベイクラブの
曲でした。
この場面、公演ビデオを巻き戻し
何度リピートしたことか・・・
今でも鮮明に記憶しております。
NYの小さな店で踊るダンサー
“アルベルト・サウラ” 
の愛と死の物語でした。
その芝居のの中のショー場面、
若木志帆さんとのデュエット
ダンスは、そのセクシーさ、
カッコよさ、アルベルトの存在感
を感じさせる、くぎ付けのダンス
シーンでした。
今回はソロで、ひたすたカッコ
よく、シャープに・・・ 
良かったです。





♪ 愛の宝石
  (汀さん)
♪ 野ばら
  (汀さん)
♪ ホワイトクリスマス
  (汀さん)
♪ 幸せを売る男
  (三人で)
♪ ケ・セラ
  (汀さん)
肩から金色のストール模様が入った
まっ白なスーツで汀さんの
登場、宝塚の歌を2曲。
“ボン・バランス”
 からの 
♪ 野ばら 
は、国境を守る大きな国の老兵士と
小さな国の少年兵のストーリーの
ある歌、メルヘンチックな優しい
歌の中に強い思いを感じ、
ぐっと心に残りました。
♪ ホワイトクリスマス 
はイブの夜の素敵なプレゼント、
聴き入りました。
そしていよいよ終盤、紫色の衣装の
未央さん、ペパーミント色の
衣装の洋さん、汀さんと客席に降り、
華やかに賑やかに。 
♪ 幸せを売る男  
最後は 
♪ ケ・サラ 
過ぎ去ろうとしている
2011年の様々なことを思い、
新しい年に希望を託す、そんな
気持ちにさせてくれた汀さんの
歌唱でした。

洋さんの2011年は 
“龍馬” で始まり、
以後たくさんの舞台を楽しませて
下さいました。
2012年は2月公演 
「ブラインド」 の“平知盛”
と、凄いめぐり合わせを感じる
スタートです。
また、“OSK90周年” 
でもあり、どんな舞台に巡り合
えるのか期待が膨らみます。










back (感想文)

back (2011 公演)