2014 Memorial



★ 日時 ★ 場所 ★ 公演名
2014.02.07(金)
 -02.16(日)
大阪
松竹座
道頓堀
喜劇祭り
 笑って泣いて
 お・も・て・な・し











道頓堀
喜劇祭り
 笑って泣いて
 お・も・て・な・し

2014.02.07(金)
 -02.16(日)

大阪
松竹座



●出演
 星 由里子
 渋谷 天外
 芦屋 小雁
 藤山 扇治郎
 増田 英彦
 曾我廼家 寛太郎
 舞羽 美海

 紅 萬子
 洋 あおい
 里見 羽衣子
 桑野 藍香
 植栗 芳樹
 田村 ツトム
 長江 健次


一、一姫二太郎三かぼちゃ

●あらすじ
 田舎の資産家である西田家は、四男二女に恵まれ、
 長女安子さん、次女富子さんは良家に嫁ぎ、
 長男一郎さん、次男二郎さん、四男四郎さん
 (増田英彦/田村ツトム)も、それぞれ大学を
 出て都会の会社で重要なポストで活躍している
 とのことでした。
 ただ一人、三男の三郎さん(藤山扇治郎)だけは
 田舎で父親甚太郎(芦屋小雁)、母親おひささん
 (星由里子)と共にひっそりと暮らしていました。
 今日は、母親おひささんの還暦のお祝いがあり、
 西田家には朝から村の人達が出入りしての大賑わい
 で、三郎さんもご馳走作りにてんやわんやです。
 都会に出ている子供達も久しぶりに集まり、
 皆で昔話や出世話に花を咲かせますが、三郎さん
 だけはそんな華やいだ兄弟達の話には入っていけ
 ませんでした。
 というのも小さい時から学校嫌いでわんぱくだった
 三郎さんと兄弟達は馬が合わず、兄弟達は学校の
 成績が良いのを鼻にかけて、三郎さんを除者にして
 いたのです。
 それでも、三郎さんはじっと我慢するのでした。
 その三郎さんに、出世しているはずの兄弟達が
 温かい兄弟愛で救われる時が……。
 
 
二、大阪下町物語

●あらすじ
 大阪のとある下町に、クリーニング店の貞一さん
 (渋谷天外)と炭屋の伍平さん(曾我廼家寛太郎)
 のお店が向かい合ってありました。
 二人はこの界隈では知らぬ人がいないほどの
 喧嘩友達で、貞一さんは親の代から引き継いだ
 口喧嘩、一方の伍平さんは、若造に舐められて
 たまるかとばかりに、金が有り過ぎて困り
 遊ばせているとか、海外旅行の話など大きな事
 を言うものの、その台所は火の車という具合
 でした。
 ある日、伍平さんに問題が持ち上がります。
 娘の妙子さん(舞羽美海)が嫁入り先から
 逃げ帰って来て、その嫁ぎ先から借りていた
 大金を返さなければならなくなったのです。
 しかし、ない袖は振れず、娘の幸せを思う
 親心から永年住み慣れた家を売る決心をします。
 そうと知った貞一さんは、永年の喧嘩相手の
 窮地をほうっておけず、伍平さんに知られない
 ようにそっとお金を工面したいのですが、
 そこに昔から妙子さんを慕っていた貞一さんの
 息子さんの新治さん(藤山扇治郎)も絡んで、
 「そっと」は思わぬ方向へ…。
  新たに始まった喧嘩は、どこかいつもとは
 様子が違うようで…。











back (メモリアル)

back (2014 公演)